chevron_left

「地域生活(街) 東京」カテゴリーを選択しなおす

cancel

昭和記念公園の四季

THEME help
昭和記念公園の四季
テーマ名
昭和記念公園の四季
テーマの詳細
東京都立川市にある国営昭和記念公園。東京ドーム約40倍の広大な敷地は自然がいっぱい。春の桜にチューリップ、夏のひまわり、秋のコスモスに黄色に輝く銀杏並木、そしてクリスマスのイルミネーション。そんな素敵な昭和記念公園の四季物語を写真で紹介してください。
テーマ投稿数
702件
参加メンバー
13人
管理人
まこべえ管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「昭和記念公園の四季」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「昭和記念公園の四季 地域生活(街) 東京ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

昭和記念公園の四季の記事

1件〜100件

  • 昭和記念公園 花筏など
    2022/06/30 10:45
    昭和記念公園 花筏など

    6月中旬の昭和記念公園の花たち。早々に梅雨が明けて、いきなり猛暑が続いているので、なんだかずいぶん前のような気がする。これはハナイカダ(花筏)、ミズキ科。葉の真ん中で実が成っている不思議な植物。この実はだんだんと黒くなっていく。葉の真ん中に実がなるということは、当然そこで花が咲く。これは5月5日に撮った写真。

  • 昭和記念公園 アナベルたち
    2022/06/25 19:46
    昭和記念公園 アナベルたち

    昭和記念公園でもこの時期はあじさいがきれいに咲いているが、昭和記念公園は白いあじさいのアナベルが多く集まって咲いている。立川口のカナールとイチヨウ並木。梅雨空でどんよりとしている。

  • 昭和記念公園 日本庭園の花菖蒲
    2022/06/17 00:31
    昭和記念公園 日本庭園の花菖蒲

    昭和記念公園で花菖蒲が楽しめるのは前回紹介した花木園菖蒲田とこの日本庭園。日本庭園の池に写った空が面白かったので、ちょっとコントラストを上げてみた。

  • 昭和記念公園 花木園菖蒲田の花菖蒲
    2022/06/05 22:28
    昭和記念公園 花木園菖蒲田の花菖蒲

    雨の季節でもいろいろ見どころがある昭和記念公園。今回は花菖蒲。昭和記念公園で花菖蒲を楽しめるのは、日本庭園とここ花木園菖蒲田。菖蒲田の回りではあじさいが咲き始めている。あじさいもまだ早いけど花菖蒲もまだ早くて、こんな感じ。

  • 昭和記念公園 花の丘北側斜面
    2022/05/23 10:33
    昭和記念公園 花の丘北側斜面

    ゴールデンウィーク中の昭和記念公園。ここはシャーレーポピーが一面に咲いて真っ赤になった花の丘の北側の斜面。下写真の左上端に少し赤く見えるのが花の丘で咲くシャーレーポピー。ここは、シャレーポピーと一緒にヤグルマギク、カモミールが一緒に咲いていた。この日(5月5日こどもの日)は天気が良くて花たちが輝いて見えた。

  • 昭和記念公園 ポリジ
    2022/05/19 23:50
    昭和記念公園 ポリジ

    この時期に昭和記念公園で見るのを楽しみにしている花、ポリジ、ムラサキ科。葉や茎など全体が毛に覆われている中で、きれいな水色の花をたくさん咲かせる。この水色は 、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」のターバンのイメージ。  

  • 昭和記念公園 原っぱ南花畑のブーケガーデン
    2022/05/15 11:13
    昭和記念公園 原っぱ南花畑のブーケガーデン

    ゴールデンウィーク中、すっきり晴れた憲法記念日の昭和記念公園。ハーブの丘のネモフィラ、花の丘のシャーレーポピーの次は原っぱ南花畑のブーケガーデン。いろいろな花がブーケのように混じり合って咲く庭で毎年この時期に作られる。フォトスポットとして青いトビラが置かれている。

  • 昭和記念公園 花の丘のシャーレーポピー
    2022/05/12 23:48
    昭和記念公園 花の丘のシャーレーポピー

    ゴールデンウィーク中、すっきり晴れた憲法記念日の昭和記念公園。ハーブの丘のネモフィラの次は花の丘のシャーレーポピー。この日の花の丘のシャーレーポピーは見頃はじめの咲き具合。

  • 昭和記念公園 ハーブの丘のネモフィラ
    2022/05/10 23:01
    昭和記念公園 ハーブの丘のネモフィラ

    いまひとつの天気が続いたが、すっきり晴れて気持ちの良い天気になった憲法記念日。昭和記念公園はすごい人だった。まずは、ハーブの丘のネモフィラ。ここは、バーベキューガーデン入り口のもみじ橋の近くで以前は名前がなかったが、最近ハーブの丘という名前がついた。

  • 昭和記念公園 こどもの森のチューリップ
    2022/04/23 18:57
    昭和記念公園 こどもの森のチューリップ

    昭和記念公園のチューリップ。前回は渓流広場のチューリップだったが、今回はこどもの森のチューリップ。こどもの森のチューリップは原種系と呼ばれるチューリップ。これは品種改良を重ねた園芸品種のチューリップと違って、野生の品種やそれに近い品種のチューリップ。原種系チューリップは背丈が低く、花も地味なイメージのものが多い。

  • inkrich地元が一番! あなたの思い、ホームページで発信していきましょう【インクリッチで簡単作成】
  • 昭和記念公園 渓流広場のチューリップ
    2022/04/19 00:13
    昭和記念公園 渓流広場のチューリップ

    昭和記念公園の渓流広場のチューリップ。1週間前の週末4月9日の様子。桜(ソメイヨシノ)や菜の花から始まる、昭和記念公園の春の花イベントの中で、チューリップの時期が一番人が集まる気がする。このあとは、ネモフィラとポピーかな。

  • 昭和記念公園 原っぱ東花畑と桜の園(晴れの日にリベンジ)
    2022/04/18 23:57
    昭和記念公園 原っぱ東花畑と桜の園(晴れの日にリベンジ)

    4月最初の週末は天気が今一つだったので、次の週末にもう一度、昭和記念公園に行った。「ふれあい橋」から見た残堀川の春風景も1週間でかなり変わってしまった・・・    

  • 昭和記念公園 原っぱ東花畑と桜の園
    2022/04/11 09:58
    昭和記念公園 原っぱ東花畑と桜の園

    4月最初の週末。昭和記念公園の残堀川沿いの春風景を見たあと、みんなの原っぱに向かった。みんなの原っぱの北東側にある桜の園でソメイヨシノが見頃。手前は南花畑でパラパラと咲き始めているアイスランドポピー。お花見の人がいっぱい。   

  • 昭和記念公園 残堀川沿いの春風景
    2022/04/07 00:01
    昭和記念公園 残堀川沿いの春風景

    4月最初の週末は、天気は良いものの気温が低めになった。昭和記念公園の桜、ソメイヨシノ(染井吉野)やヨウコウ(陽光)が見頃になってきている。まずは、毎年楽しみにしている、「ふれあい橋」から見た残堀川沿いの風景。遠くに見えるのは花木園梅園そばの「さくら橋」。

  • 昭和記念公園 こどもの森のクロッカスが見頃
    2022/03/31 00:06
    昭和記念公園 こどもの森のクロッカスが見頃

    寒緋桜と河津桜や梅園の様子を見たあと、今回は昭和記念公園のこどもの森のクロッカス。春のこの時期はどんどん花が咲いて景色が変わるから忙しい。こどもの森の入り口のかざぐるまゲート付近でたくさん咲くクロッカス。この日咲いていたクロッカスをアップで撮ると、黄色の花だけシベの形が違う。   

  • 昭和記念公園 梅園の様子
    2022/03/30 22:46
    昭和記念公園 梅園の様子

    気温が20℃を超えた日の昭和記念公園。今回は花木園の梅園付近の様子。梅園の周辺で咲いているヨウズイセン。黄色の花が元気付けてくれる。サンシュユ(山茱萸)、ミズキ科。別名、春黄金花と言われるように春の陽射しを浴びて、木全体が黄金色に輝くようになってきた。   

  • 昭和記念公園 寒緋桜と河津桜
    2022/03/24 00:09
    昭和記念公園 寒緋桜と河津桜

    気温が20℃を超える日が数日あって、河津桜も咲き始めた昭和記念公園。まずはカンヒザクラ(寒緋桜)、バラ科。桜の中ではかなり早くから咲く桜。一般的な桜のソメイヨシノやヤマザクラなどの分布の南限が南九州なので、沖縄で日本一早いお花見としてニュースになるのはこの桜の花見。

  • 昭和記念公園 こどもの森のクロッカス
    2022/03/10 23:05
    昭和記念公園 こどもの森のクロッカス

    四季を通じて、どこかで花が咲いている昭和記念公園。春が来たことを実感できるのは、こどもの森にクロッカスが咲き始めること。立川口のカナールとイチョウ並木はまだ冬景色。手前の池の部分に氷が張っていないのが春らしいところかな。 年末年始からちょっとずつ咲き始めた、スノードロップ(待雪草)、ヒガンバナ科。この時期になるといろいろな場所で咲き始めている。

  • 昭和記念公園 梅園の様子と河津桜
    2022/02/27 18:47
    昭和記念公園 梅園の様子と河津桜

    やっと春が来たような気温に誘われて人が多かった昭和記念公園。まず花木園の梅園。早咲き・中咲きの梅がもう見頃になっていた。紅梅と白梅が咲くなか黄色いのはシナマンサク。 

  • 昭和記念公園 福寿草が咲き始めた
    2022/02/14 00:16
    昭和記念公園 福寿草が咲き始めた

    節分草を見た日の昭和記念公園。花木園の梅園で福寿草が咲き始めていた。フクジュソウ(福寿草)、節分草と同じキンポウゲ科。さらに節分草と同じで春先に花を咲かせたあと葉を出して、夏すぎには地下だけ残して地上からは姿を消すスプリング・エフェメラル。この日はまだ少し咲き始めただけ。

  • 昭和記念公園 節分草が咲いていた
    2022/02/14 00:16
    昭和記念公園 節分草が咲いていた

    昭和記念公園で節分草が咲く時期になった。今年は、かなり早くから咲き始めたようで、この日はもうたくさん咲いていた。咲いている回りに転がっているドングリと大きさを比べればわかるが、かなり小さな花で、大きくて2~3cmぐらいかな。横のマツボックリはあまり大きくないマツボックリだけど、それよりも小さい。

  • 昭和記念公園 真冬の風景
    2022/02/13 23:38
    昭和記念公園 真冬の風景

    2022年になって最初の昭和記念公園。葉がすっかり落ちたイチョウ並木は冬の散歩道、サイモンとガーファンクルの世界。手前の池の部分は凍っている。イチョウの木をよく見ると、落ちずに残った銀杏があった。ちょっと淋しい。みんなの原っぱのシンボルツリー、大きなケヤキの木。寒い中だけど思ったよりも人がいる。左端の方にほんの少しだけ富士山が顔を出している。

  • 昭和記念公園 雪中四友(せっちゅうのしゆう)
    2021/12/30 00:00
    昭和記念公園 雪中四友(せっちゅうのしゆう)

    約1ヶ月ぶりに訪れた昭和記念公園。この1ヶ月ですっかり景色が秋から冬に変わってしまった。紅葉と京都の写真が続いたので、久しぶりに花の写真。花が少なくなる時期だけど、このスノードロップ、ヒガンバナ科はたくさん咲いている。別名 マツユキソウ(待雪草)とも言われる。

  • 昭和記念公園 花木園菖蒲田のイロハモミジ
    2021/11/21 19:13
    昭和記念公園 花木園菖蒲田のイロハモミジ

    11月に入ってだんだんと紅葉が見頃になってきた昭和記念公園。モミジの紅葉は日本庭園がメインになるが、夏に花菖蒲が咲く花木園菖蒲田の紅葉もなかなか捨てがたい。花菖蒲は菖蒲田の中で咲いていて木道を歩いて見るけど、紅葉はその菖蒲田を囲むように色づいている。この紅葉が水鳥の池からも見える。菖蒲田周辺で一番大きくてきれいに色づいているのはこのイロハモミジ。

  • 昭和記念公園 水鳥の池 すでに晩秋の風景
    2021/11/15 10:33
    昭和記念公園 水鳥の池 すでに晩秋の風景

    11月3日の昭和記念公園。日本庭園の紅葉が見頃だったけど、水鳥の池周辺のケヤキやモミジバスズカケノキはすでに晩秋の風景を作っていた。水鳥の池はボートに乗って湖面から紅葉を楽しむことができるが、この日のボート乗り場は長蛇の列ができていた。水鳥の池周辺でも、このあたりは花木園でモミジの紅葉がきれい。ケヤキの木の紅葉は色合いは地味だけど味がある。

  • 昭和記念公園 日本庭園の紅葉が見頃
    2021/11/08 20:48
    昭和記念公園 日本庭園の紅葉が見頃

    例年よりも早く昭和記念公園 日本庭園の紅葉の色づきが進んでいるということで、天気も良かったので行ってみた。この日は文化の日。晴れの特異日らしく雲ひとつない晴天で11月とは思えない暖かさ。でも東京で文化の日に晴れたのは3年ぶりらしい。日本庭園 東の門、普段は閉まっているけど、この時期はこの門から出入りができる。この東の門から入ると、すぐに池のそばに行くことができるのがちょっと便利。

  • 昭和記念公園 紫苑と芋片喰そして似ている花たち
    2021/11/02 22:10
    昭和記念公園 紫苑と芋片喰そして似ている花たち

    昭和記念公園のコスモス(秋桜)以外の秋の花たち。今回は紫苑と芋片喰、そしてこの2つの花に似た花。どれもコスモスほどの派手さがなくて小さな花。まずは黄葉の状況が気になる立川口カナールのイチョウ並木。色づきが始まっているという感じ(10月24日の様子)。

  • 昭和記念公園 日本庭園の紅葉はまだこれから
    2021/10/26 22:43
    昭和記念公園 日本庭園の紅葉はまだこれから

    少し気が早いけど昭和記念公園の日本庭園の紅葉の様子。日本庭園の紅葉の中心は清池軒と歓楓亭の周辺。まだ一部が少し色付き始めている程度だけど、着実に秋が深まりつつある。清池軒は少し池に突き出して建てられている。池に突き出た清池軒からは池の広がりを見ることができる。

  • 昭和記念公園 原っぱ南花畑のセンセーション
    2021/10/17 10:41
    昭和記念公園 原っぱ南花畑のセンセーション

    花の丘のレモンブライトに続いてみんなの原っぱ南花畑のコスモス・センセーション。みんなの原っぱの中央にはシンボルツリー的存在の大ケヤキ。その前に「なないろベンチ」と呼ばれているレインボーカラーのベンチが置かれている。原っぱ南花畑のコスモス・センセーションは20万本。先日の台風で散ってしまったり倒れてしまったりしたらしいけど、徐々に復活してきている感じ。   

  • 昭和記念公園 花の丘のレモンブライトを再び
    2021/10/15 22:31
    昭和記念公園 花の丘のレモンブライトを再び

    昭和記念公園の秋はいろいろなところの花畑で咲くコスモスが主役。公園の中で一番大きな花畑がこの丘で丘全体が400万本のレモンブライトでレモン色に染まっている。ここの主役、レモンブライトはキバナコスモス(黄花秋桜)、キク科の品種。

  • 昭和記念公園 西花畑のブーケガーデン
    2021/10/12 11:02
    昭和記念公園 西花畑のブーケガーデン

    9月最後の週末、たまに小雨が降る天気の中、昭和記念公園の花の丘のレモンブライトを見たあとは、原っぱ西花畑のブーケガーデンに来た。ブーケガーデンでは、いろいろな花が咲いていて、その組み合わせや色とりどりの光景を楽しむことができる。一番密に咲いているのはこのマリーゴールド、キク科。そして咲いている範囲はこのコスモス・センセーションが広いかな。

  • 昭和記念公園 花の丘のレモンブライト
    2021/10/11 23:32
    昭和記念公園 花の丘のレモンブライト

    9月最後の週末は、いまひとつの天気になった東京多摩地区。天気が良くないけどその分だけ気温が低くなったので、久しぶりに車ではなくモノレールに乗って昭和記念公園の花の丘に行った。花の丘は見頃になった400万本のレモンブライトで黄色に染まっていた。

  • 昭和記念公園 ハーブ園の千日紅
    2021/09/22 00:03
    昭和記念公園 ハーブ園の千日紅

    9月に入ってだんだんと花の種類が増えてきた、昭和記念公園のハーブ園。これはオイランソウ(花魁草)、ハナシノブ科。別名がクサキョウチクトウ(草夾竹桃)や宿根フロックス。花魁の白い粉の香りに似た花の香りがすることからついた名前だそうだ。これはセンニチコウ(千日紅)、ヒユ科。夏から秋にかけて長い間、紅色が色あせないことからついた名前。    

  • 昭和記念公園 カナールの銀杏と百日紅
    2021/09/16 19:29
    昭和記念公園 カナールの銀杏と百日紅

    昭和記念公園の立川口を入ったところにあるカナールと噴水。いつもの場所から撮ろうとしたら、何かが置いてあって噴水が見えない・・・(汗)これは何だ?なぜこの場所に置く?邪魔じゃない? 前に回って見るとマチカメというカメラシェアリングサービスだった。 

  • 昭和記念公園 こもれびの丘(08/22)
    2021/09/01 22:56
    昭和記念公園 こもれびの丘(08/22)

    猛暑だったこの日、こもれびの池で夏水仙を見たあと目的地のこもれびの丘を目指す。その途中にコスモスが咲いていた。早くコスモスが咲く涼しい時期にならないかなぁ・・・。こもれび(木漏れ日)の丘の散策路。ここは北側斜面だけど木漏れ日が明るい雑木林。ここならば猛暑の日でも少し涼しく歩ける。

  • 昭和記念公園 こもれびの池の夏水仙(08/22)
    2021/08/29 22:04
    昭和記念公園 こもれびの池の夏水仙(08/22)

    週末が晴れて昭和記念公園に向かった。猛暑が戻って来て、広い園内を歩き回るのは辛いので、この日は目標をこもれびの丘にして、一番近い砂川口から入った。砂川口から入るとすぐの所にこもれびの池があり、そこにナツズイセン(夏水仙)、ヒガンバナ科が咲いていた。猛暑の時期に涼しげな色で咲いているナツズイセン。

  • 昭和記念公園 サギソウ涼み(08/07)
    2021/08/23 23:15
    昭和記念公園 サギソウ涼み(08/07)

    昭和記念公園の夏の恒例行事となっている「サギソウまつり」が今年は「サギソウ涼み」という名前で開催されている。毎年見ている看板。明らかにまつりを涼みに修正。サギソウ花壇のいい所は、こうやって接近してサギソウを見ることができること。   

  • 昭和記念公園 夏水仙(08/07)
    2021/08/20 23:11
    昭和記念公園 夏水仙(08/07)

    昭和記念公園の続き。ひまわり、鹿の子百合に続いて、今回はナツズイセン。ここは鹿の子百合が咲いていた眺めのテラスのすぐ近く、ふれあい橋南西花壇と呼ばれている場所で、初春には日本水仙、秋には彼岸花が咲く場所。ナツズイセン(夏水仙)、ヒガンバナ科。ここで咲く彼岸花も日本水仙も同じヒガンバナ科。夏に花が咲き、葉が花のあとに出てくるが、その葉が水仙に似ているからついた名前だそうだ。

  • 昭和記念公園 鹿の子ユリ(08/07)
    2021/08/12 12:10
    昭和記念公園 鹿の子ユリ(08/07)

    みんなの原っぱ東花畑のひまわりを見たあと、時々雨がパラつく中、眺めのテラス近くで咲いている鹿の子百合を見に行った。昭和記念公園で咲くユリの中で一番遅く咲く鹿の子百合、タイミング良くたくさん咲いていた。しかもラッキーなことに見頃だった。      

  • 昭和記念公園 ひまわり ハイブリッドサンフラワー(08/07)
    2021/08/08 19:16
    昭和記念公園 ひまわり ハイブリッドサンフラワー(08/07)

    忙しくて2週間ほど週末散歩ができなかった。やっと週末散歩ができるようになったら台風接近で、朝から雨が降ったり急に晴れたりの不安定な天気に・・・。久しぶりの昭和記念公園。この日の一番の目的は、みんなの原っぱ東花畑のひまわり。   

  • 昭和記念公園 ユリ オリエンタルハイブリッド(07/18)
    2021/08/06 20:28
    昭和記念公園 ユリ オリエンタルハイブリッド(07/18)

    昭和記念公園の西立川口ぶらぶら坂近くで咲いているユリ。オリエンタルハイブリッドと呼ばれる、ヤマユリやカノコユリ、タモトユリなど日本原産のユリを交配して作られた品種群。華麗で優雅な大輪の花で香りが特徴となっている。

  • 昭和記念公園 菖蒲田のサギソウ(07/18)
    2021/07/28 23:09
    昭和記念公園 菖蒲田のサギソウ(07/18)

    関東甲信地方が梅雨明けした直後の週末。前回はハーブの丘のひまわり、今回は花木園菖蒲田のサギソウ。足元に咲くアカツメクサ(赤詰草)、マメ科。花の色以外のシロツメクサ(白詰草)との違いは葉の形が尖っていることと、葉が花のすぐ下にあること。カンカン照りの草むら(湿地)に小さなサギソウがたくさん飛んでいた。 

  • 昭和記念公園 祝!梅雨明け ヒマワリ(07/18)
    2021/07/25 15:07
    昭和記念公園 祝!梅雨明け ヒマワリ(07/18)

    平年より3日早く7月16日(金)に関東甲信地方が梅雨明けし、その直後の週末はいきなり猛暑となった。今回は梅雨明けを祝って青空に映える昭和記念公園のひまわり。このひまわりは背丈が高くても1mほどで、1つの株からいくつも枝分かれしてたくさんの花を咲かせるタイプのサンフィニティという品種のひまわり。  

  • 昭和記念公園 こもれびの里のハス(07/10)
    2021/07/19 10:48
    昭和記念公園 こもれびの里のハス(07/10)

    真夏日になった週末の昭和記念公園。今回はこもれびの里のハス。こもれびの里の池でハス(蓮)、ハス科がたくさん咲き始めていた。

  • 昭和記念公園 こもれびの丘のヤマユリ(07/10)
    2021/07/18 00:22
    昭和記念公園 こもれびの丘のヤマユリ(07/10)

    昭和記念公園のこもれびの丘。この時期の楽しみはヤマユリを見ること。この日はこの夏一番の暑さになって東京の最高気温は33℃。ヤマユリ、ユリ科。日本特産のユリで大輪で赤い斑点があっていい香りがする。カサブランカなどオリエンタルハイブリッドと呼ばれる園芸品種のユリは、このヤマユリなどをもとに改良された品種。

  • 昭和記念公園 ピンクアナベル(06/20)
    2021/07/06 23:17
    昭和記念公園 ピンクアナベル(06/20)

    6月20日、東京の非常事態宣言が解除される日。朝までの雨がやんでだんだんと天気が回復してきた日。昭和記念公園のアジサイロードは、白いアジサイのアナベルが割と多い。アナベルは薄い緑色から、だんだんと白くなって、また最後は薄い緑色に変化する。そんな中でピンク色のピンクアナベルが咲いていた。

  • 昭和記念公園 フローティングフラワー(06/20)
    2021/06/28 21:24
    昭和記念公園 フローティングフラワー(06/20)

    東京の緊急事態宣言が解除される日。前日からの雨も早朝に止んでだんだんと天気が回復した日曜日。立川口前の花壇からカナール、その両側のイチョウ並木と噴水を眺めるいつもの光景。

  • 昭和記念公園 アナベルと花菖蒲
    2021/06/13 19:16
    昭和記念公園 アナベルと花菖蒲

    6月5日(土)、緊急事態宣言はまだ解除されていないけど、昭和記念公園の臨時休園が解除になったので、さっそく行ってきた。久しぶりに見る、立川口前のカナールと大噴水。せっかく久しぶりの昭和記念公園なのに、天気はそれほど良くなく、人出も多くない。

  • 昭和記念公園 日本庭園の水風景
    2021/05/25 21:17
    昭和記念公園 日本庭園の水風景

    緊急事態宣言が延長されて、そのまま臨時休園が続く昭和記念公園。これは臨時休園になる前日4月24日の様子。翌日から臨時休園になることがわかっていたので、昭和記念公園の主要なところをすべて回った。いままでカナール横の藤棚、ハーブ園のポリジと花筏、原っぱ東花畑のブーケガーデン、こもれびの丘の山野草を紹介してきたが、最後となる今回は日本庭園の水風景。

  • 昭和記念公園 こもれびの丘の山野草
    2021/05/16 21:59
    昭和記念公園 こもれびの丘の山野草

    緊急事態宣言で4月25日から臨時休園になった昭和記念公園。引き続き臨時休園前日の様子で今回は、こもれびの丘の山野草。フタリシヅカ(二人静)、センリョウ科。2本の花穂を静御前とその亡霊の舞姿にたとえたもの。この白い米粒のようなのが花。

  • 昭和記念公園 原っぱ東花畑のブーケガーデン(04/24)
    2021/05/09 18:34
    昭和記念公園 原っぱ東花畑のブーケガーデン(04/24)

    緊急事態宣言で4月25日から臨時休園になった昭和記念公園。臨時休園前日の様子。今回はみんなの原っぱ東花畑のブーケガーデンの様子。 いまは晴れると気持ちが良い時期だから、みんなの原っぱは多くの人がいた。今年のみんなの原っぱ東花畑のブーケガーデンは20品種・20万本が植栽されている。

  • 昭和記念公園 ポリジと花筏(04/24)
    2021/05/05 16:25
    昭和記念公園 ポリジと花筏(04/24)

    緊急事態宣言で4月25日から臨時休園になった昭和記念公園。臨時休園前日の様子。今回は主にハーブ園の様子。まずはフレンチラベンダー、シソ科。

  • 昭和記念公園 カナール横の藤棚(04/24)
    2021/05/04 23:53
    昭和記念公園 カナール横の藤棚(04/24)

    緊急事態宣言で4月25日から臨時休園になった昭和記念公園。臨時休園前日の様子。立川口から入ってすぐ前のカナールと奥の方にある大噴水。

  • 昭和記念公園 ネモフィラの丘
    2021/04/20 22:29
    昭和記念公園 ネモフィラの丘

    4月5日(月)から再開園した昭和記念公園。チューリップの次はネモフィラ。チューリップガーデンのすぐ横のハーブの丘がネモフィラの丘になっている。ネモフィラ、ハゼリソウ科又はムラサキ科。別名なのか和名なのかわからないけど、瑠璃唐草(ルリカラクサ)、小紋唐草(コモンカラクサ)。こちらの名前の方が花がイメージしやすい。

  • 昭和記念公園 チューリップガーデン
    2021/04/16 11:57
    昭和記念公園 チューリップガーデン

    1月の緊急事態宣言発令時からずっと臨時休園が続き4月5日から再開園した昭和記念公園。臨時休園中に梅の時期、桜の時期が過ぎ、なんとかチューリップの時期に間に合った。ここは渓流広場下流のチューリップガーデン。昨年は緊急事態宣言で休園となり見ることが出来なかった景色。今年は244品種25万球が咲いているそうだ。

  • 昭和記念公園 桜と菜の花畑(過去写真)
    2021/04/05 10:59
    昭和記念公園 桜と菜の花畑(過去写真)

    2018年4月1日の昭和記念公園は満開のソメイヨシノと菜の花畑が楽しめた。これは桜の園のソメイヨシノと原っぱ東花畑の菜の花。今年は緊急事態宣言解除後も臨時休園が続いていて、いまは訪れることができないが、ホームページによると桜の園のソメイヨシノは満開だけど、菜の花は東花畑ではなく少し離れた西花畑で咲いているようだ。

  • 昭和記念公園 昨年の様子(過去写真)こどもの森
    2021/03/28 16:47
    昭和記念公園 昨年の様子(過去写真)こどもの森

    いまは臨時休園中で訪れることができない昭和記念公園。これは昨年3月21日に訪れた時のこどもの森の様子。この時期のこどもの森はたくさんの春の花が咲く、まずこれは原種系チューリップ。原種系チューリップとは園芸品種として交配された一般的に見るチューリップではなく、野生種に近いチューリップのこと。 

  • 昭和記念公園 昨年の様子(過去写真)残堀川の春景色
    2021/03/25 12:04
    昭和記念公園 昨年の様子(過去写真)残堀川の春景色

    1年前の3連休中日、2020年3月21日の昭和記念公園の様子。前回は菜の花畑だったけど、今回は残堀川沿い。ふれあい橋から見た上写真のこの風景が春になるとだんだんと色がついてくる。それを追いかけるのが毎年の楽しみ。同じ橋の上から見た風景はソメイヨシノが満開になる頃には下写真のようになる。

  • 昭和記念公園 昨年の今日の様子(過去写真)
    2021/03/22 09:43
    昭和記念公園 昨年の今日の様子(過去写真)

    昨年の今日(2020年3月21日)は土曜日で、前日の春分の日からの3連休。新型コロナウイルス感染者が徐々に増え始めて、この3連休は人出が増えてまずいのではないかと言われていた時期。 今回は1年前の昭和記念公園で撮った菜の花畑の様子。

  • 「菅総理長男が接待した『女子アナ実家の高級料亭』はどこ?」と「風情ある寿司店の大握り寿司」と「寒天の専門店」:玄冶店 濱田屋/太田鮨/近松
    2021/03/16 08:51
    「菅総理長男が接待した『女子アナ実家の高級料亭』はどこ?」と「風情ある寿司店の大握り寿司」と「寒天の専門店」:玄冶店 濱田屋/太田鮨/近松

    (菅総理の長男らが高額接待した「女子アナ実家の高級料亭」はどこ?)当初予定していた記事は、「太田鮨」と「近松」のご紹介だったのですが、人形町についての記事ですので、今話題の、菅総理の長男が「女子アナ実家の高級料亭」で高額接待していたとの報道について簡単に触れておきます。この料亭は、「【日本橋】三田友梨佳の実家~花街・元吉原の名残~日本橋人形町2丁目・富沢町散策(1):うぶけや/三光稲荷神社/濱田屋」...

  • 昭和記念公園 みんなの原っぱ南花畑
    2020/12/03 18:10
    昭和記念公園 みんなの原っぱ南花畑

    このところ紅葉とイルミネーションの記事が続いたので久しぶりに花の記事。これは11月中旬の昭和記念公園。場所はみんなの原っぱ南花畑。いままで、みんなの原っぱには西花畑と東花畑があったけど、今年から南花畑ができた。南花畑のお披露目は秋の花をいろいろとミックスして咲かせているブーケガーデン。

  • 昭和記念公園 秋の夜散歩 日本庭園の和傘
    2020/11/29 17:49
    昭和記念公園 秋の夜散歩 日本庭園の和傘

    昭和記念公園のライトアップイベント「秋の夜散歩」の続き。前回は日本庭園の池の水面に映るライトアップの光景だったけど、今回は和傘のライトアップなど、それ以外の日本庭園のライトアップ様子。

  • 昭和記念公園 秋の夜散歩 日本庭園の水景色
    2020/11/23 17:35
    昭和記念公園 秋の夜散歩 日本庭園の水景色

    この秋の昭和記念公園のライトアップイベントは11月3日から開催されている「秋の夜散歩」。昨年に続いて2回目の開催になる。「秋の夜散歩」は、かたらいのイチョウ並木と日本庭園が舞台になっているが、今回は夜間の別料金が必要な日本庭園の池の水面に映るライトアップの光景。

  • 昭和記念公園 イチョウ並木の黄葉
    2020/11/21 22:55
    昭和記念公園 イチョウ並木の黄葉

    昭和記念公園のイチョウ並木の黄葉の様子。まずは立川口カナールのイチョウ並木。ここの黄葉は見頃。噴水に向かって左側のイチョウ並木を立川口ゲート側から見たところ。

  • 昭和記念公園 日本庭園の紅葉
    2020/11/15 19:03
    昭和記念公園 日本庭園の紅葉

    「黄葉紅葉まつり」が開催されている秋の昭和記念公園。夕方から夜にかけては、昨年に引き続き「秋の夜散歩」も開催されていて、そのメインはこの日本庭園になる。「秋の夜散歩」はまた別の日にして、この日は昼散歩、まずは日本庭園の紅葉の様子。この日一番きれいに見えたのは歓楓亭前のモミジ。奥にこの時期はまだ緑の竹林があって、赤と緑のコントラストが良かった。

  • 昭和記念公園 セイタカアワダチソウの誤解(10/18)
    2020/11/11 13:42
    昭和記念公園 セイタカアワダチソウの誤解(10/18)

    昭和記念公園の様子、と言っても10月18日だからもう半月ほど前になってしまう。あちらこちらで秋の光景を見ることができた。セイタカアワダチソウ(背高泡立草)、キク科がきれいに咲いていた。セイタカアワダチソウの周りには虫がたくさんいる。それはセイタカアワダチソウが花粉を飛ばすのではなく虫が花から花へ移動することで受粉する虫媒花だから。   

  • 昭和記念公園 こもれびの丘 + 新しい家族(うみ)
    2020/11/04 21:57
    昭和記念公園 こもれびの丘 + 新しい家族(うみ)

    コスモスを見に昭和記念公園に来た日のこもれびの丘。あちらこちらで咲いていたサラシナショウマ(更科升麻)、キンポウゲ科。きれいな白いブラシのような花。 後半は我が家の新しい家族、うみ(海)の紹介。うみは2020年8月22日生まれのトイプードルの女の子。まだ小さくて手のひらに乗っかってしまいそうなぐらいの大きさで体重約700g。

  • 昭和記念公園 イチョウ並木の様子(10/18)
    2020/10/26 23:46
    昭和記念公園 イチョウ並木の様子(10/18)

    秋を感じるために花の丘のコスモスを見に来た昭和記念公園の続き。立川駅から近いあけぼの口から入ると、立川口手前のイチョウ並木がお出迎え。立川口のカナールとその両側のイチョウ並木。ちょっと黄色になっている部分がある。

  • 昭和記念公園 花の丘のコスモス(10/18)
    2020/10/24 22:09
    昭和記念公園 花の丘のコスモス(10/18)

    10月の週末は土曜日か日曜日のどちらかが雨になることが続いている。この週末は箱根駅伝予選会が開催された土曜日が冷たい雨で、日曜日は昼すぎまで割と良い天気になった東京多摩地区。この週末は雨が降らなければ昭和記念公園に行こうと決めていた。それはこの花の丘のコスモスを見るため。ここを見ないと秋が来た気がしない(笑)

  • 昭和記念公園 こもれびの丘の山野草(9/22)
    2020/10/12 11:18
    昭和記念公園 こもれびの丘の山野草(9/22)

    9月の4連休最終日の昭和記念公園。この時は暑さが一段落して快適になったなんて思ったけど、涼しさが行き過ぎて今日は11月頃の気温なんだそうだ。朝露を帯びた草ということからついた名前のツユクサ(露草)、ツユクサ科の季節になったと思ったら、あっという間に寒くなった。

  • 昭和記念公園 日本庭園の様子(9/22)
    2020/10/03 10:07
    昭和記念公園 日本庭園の様子(9/22)

    リコリスガーデン、コスモスに引き続き4連休の昭和記念公園。今回は真夏は行かなかった日本庭園。入り口でキキョウ(桔梗)、キキョウ科がお出迎え。秋の七草にも入っていて和のイメージで日本庭園にも似合う花。久しぶりに来たら、池の水がなかった(笑)。清掃のため定期的に水が抜かれる。

  • 昭和記念公園 秋桜と秋空(9/22)
    2020/10/01 23:37
    昭和記念公園 秋桜と秋空(9/22)

    4連休最終日の昭和記念公園。秋の昭和記念公園と言えばコスモスなので、今回はコスモス(秋桜)の様子。猛暑が終わって快適な気温になってきたので、みんなの原っぱにも、たくさんの人が戻ってきていた。みんなの原っぱ東花畑のキバナコスモス、レモンブライト。小さく黄色いトビラが見える。

  • 昭和記念公園 リコリスガーデン(9/22)
    2020/09/28 21:26
    昭和記念公園 リコリスガーデン(9/22)

    4連休の最終日、昭和記念公園に行ってきた。やっと普通に散歩ができる気温になってきたので立川口から砂川口近くまで昭和記念公園をフルに回ることができた。今年から植栽されたという、砂川口近くのこもれびの池周りのリコリスガーデン。5種類のリコリスが植栽されているらしいけど、咲く時期が微妙に違うので、この日に実際に花を見ることができたのは3種類。 

  • 昭和記念公園 日本庭園前のジニア(9/5)
    2020/09/13 14:49
    昭和記念公園 日本庭園前のジニア(9/5)

    昭和記念公園立川口カナールのサルスベリを見たあとは、原っぱ東花畑に向かった。前回8月中旬に見頃はじめになっていた、キバナコスモスのレモンブライトが見頃になっている。黄色い花の中に黄色い扉が埋まっている。ジニアの別名は百日草。サルスベリが夏から秋まで長く咲くことで百日紅という名前がついていたが、この花は初夏から晩秋まで長く咲くことからついた名前。長く咲くことから、さらにウラシマソウ(浦島草)、チョウキュウソウ(長久草)という別名もあるそうだ。

  • 昭和記念公園 カナールのサルスベリ(9/5)
    2020/09/11 21:38
    昭和記念公園 カナールのサルスベリ(9/5)

    猛暑で散歩に出ることができなかったので、お盆の時にひまわり畑を見にきた時以来の昭和記念公園となった。朝方ちょっと暑さが和らいだように感じたので来てみたけど、どんどん暑くなってきた。立川口のカナールとその先の大噴水。両側のイチョウ並木はまだ緑色だけど、歩いて上を見上げてみると、すでにたくさんの銀杏がぶら下がっていた。大噴水の向こう側にきれいに咲いているサルスベリが見える。

  • 昭和記念公園 原っぱ東花畑のレモンブライト(8/16)
    2020/09/01 22:14
    昭和記念公園 原っぱ東花畑のレモンブライト(8/16)

    猛暑の週末、昭和記念公園でさざなみ広場のサギソウまつり、みんなの原っぱ西花畑のひまわりを見たあと、原っぱ東花畑のレモンブライトを見に行った。ひまわり畑から東花畑の方を見ると、薄っすらと黄色くなっているのが見える。暑さでかなりヘロヘロになっているんだけど、ここまで来たらあそこまで行ってレモンブライトを見たい。行きは目標があるから頑張れるけど帰りが心配(汗)。

  • 昭和記念公園 原っぱ西花畑のひまわり(8/16)
    2020/08/22 12:40
    昭和記念公園 原っぱ西花畑のひまわり(8/16)

    お盆休みの週末、サギソウまつりを見たあと、ひまわりが見頃になっているというみんなの原っぱ西花畑を目指した。歩いて10分から15分程度の距離だけど、猛暑の中だともっと長く感じる。これはみんなの原っぱの手前、ハーブの丘で先日から咲いているサンフィニティという品種のひまわり。この品種はひまわりにしては背が低くて花も小さいけど、花期が非常に長くて3ヵ月間に渡って100輪の花を咲かせるという話もあるひまわり。

  • 昭和記念公園 サギソウまつり(8/16)
    2020/08/19 15:22
    昭和記念公園 サギソウまつり(8/16)

    真夏の昭和記念公園のイベントはレインボープールとサギソウまつり。でも今年はコロナ禍でレインボープールは営業中止、サギソウまつりも規模を縮小して実施されている。毎年おなじみのサギソウまつりの看板。今年は8月8日から23日まで。

  • 昭和記念公園 サギソウ(8/1)
    2020/08/12 23:30
    昭和記念公園 サギソウ(8/1)

    梅雨が明けた8月1日の昭和記念公園の続き。これはオイランソウ(花魁草)、ハナシノブ科。晴天の中で輝いていた。真夏の昭和記念公園で楽しみなのが、このサギソウ(鷺草)、ラン科を見ること。

  • 昭和記念公園 鹿の子百合(8/1)
    2020/08/06 23:46
    昭和記念公園 鹿の子百合(8/1)

    関東甲信の梅雨が明けた8月1日の昭和記念公園。今回はカノコユリ(鹿の子百合)。咲いているのは、眺めのテラス南側。下写真の遠くに見える水鳥の池の手前が眺めのテラス。カノコユリ(鹿の子百合)は、この眺めのテラスの南側園路近くで自然な感じで咲いている。

  • 昭和記念公園 祝!梅雨明け ヒマワリ(8/1)
    2020/08/04 22:59
    昭和記念公園 祝!梅雨明け ヒマワリ(8/1)

    8月1日、気象庁から「東海地方と関東甲信地方が梅雨明けしたとみられる」という発表があった。平年の7月21日ごろより11日遅く、昨年の7月24日ごろより8日遅い梅雨明け。今年の梅雨は明けるのが遅くなっただけでなく、雨も多かったね・・・。上の立川口カナールも下のふれあい広場もやっと夏らしい空になった。この日は梅雨明けがうれしくてこの風景を気持ちよく見ているけど、あと1週間もすると、暑すぎるとか酷暑だとか言っていそう。

  • 昭和記念公園 カサブランカ(07/26)
    2020/08/02 09:46
    昭和記念公園 カサブランカ(07/26)

    雨の中の昭和記念公園の続き。  せっかく来たのだから雨の中だけど、この時期見頃になるカサブランカが咲いている西立川口そばブラブラ坂横に行ってみた。ここ何年か通っているけど、だんだんと花の数が減ってきたような気がする。カサブランカのいい香りがするはずなんだけど、雨のためかそれほど香りがしなかった。

  • 昭和記念公園 ナツズイセン咲き始め(7/26)
    2020/08/01 22:24
    昭和記念公園 ナツズイセン咲き始め(7/26)

    7月の4連休最終日の昭和記念公園の様子。4連休はどこかに行きたくてもずっと天気が悪くてステイホーム。この日は珍しく朝から少し晴れて太陽が顔を出したので、すぐに車で昭和記念公園に向かったら、駐車場に到着する頃はにはポツリポツリと雨が降りだした。まだこれからなんだけど、ナツズイセン(夏水仙)、ヒガンバナ科が咲き始めていた。

  • 昭和記念公園 渓流広場下流の花壇植栽(7/12)
    2020/07/24 12:41
    昭和記念公園 渓流広場下流の花壇植栽(7/12)

    こもれびの丘でヤマユリ、ハーブの丘でヒマワリ、ぶらぶら坂付近でユリを見た7月12日の昭和記念公園の様子の続き。渓流広場の下流付近で、全国鉢物類消費拡大プロジェクト協議会やJA東京中央から提供のあった植物が花壇に植栽されていた。毎年ここは春に

  • 昭和記念公園 イエローカサブランカ コンカドール
    2020/07/19 15:08
    昭和記念公園 イエローカサブランカ コンカドール

    こもれびの丘でヤマユリを見て、ハーブの丘でひまわりを見たあとは、西立川口近くのさざなみ広場南西花壇に向かった。ここはカサブランカが咲く場所だけど、まだつぼみの状態で、この日はイエローカサブランカとも呼ばれる、コンカドールが咲いていた。

  • 昭和記念公園 ハーブの丘のヒマワリ(07/12)
    2020/07/18 11:08
    昭和記念公園 ハーブの丘のヒマワリ(07/12)

    梅雨前線が一休みした日曜日。昭和記念公園のこもれびの丘でヤマユリを見たあと向かったのはハーブの丘のヒマワリ。ここのヒマワリはサンフィニティという品種で、草丈はちょっと低くて50~120cm、花も少し小さめ8cmほどのヒマワリ。

  • 昭和記念公園 こもれびの丘のヤマユリ(07/12)
    2020/07/15 22:21
    昭和記念公園 こもれびの丘のヤマユリ(07/12)

    この週末は梅雨前線が一休み。特に日曜日は割といい天気になったので、久しぶりに昭和記念公園に行った。 この時期に昭和記念公園で一番見たいのは、こもれびの丘のヤマユリ。

  • 昭和記念公園 ハスの展示(6/20)
    2020/07/10 14:12
    昭和記念公園 ハスの展示(6/20)

    昭和記念公園であじさいロード、松明花、半夏生、スカシユリを見たあと、西立川近くのさざなみ広場で展示されているハスを見た。これは東京大学大学院が保有していた品種の一部を分散保存管理を行っているハス。ここには現在61鉢が展示されているそうだ。

  • 昭和記念公園 松明花(6/20)
    2020/07/01 00:07
    昭和記念公園 松明花(6/20)

    梅雨入りしてから初めて晴れた週末の昭和記念公園、前回のあじさいロードの続き。今回はアジサイ以外のいろいろな花たち。これはタイマツバナ(松明花)、シソ科。別名、モナルダ、ベルガモット、ヤグルマハッカ(矢車薄荷)。トップ写真の赤色の花の方が松明らしいかもしれない。これはハンゲショウ(半夏生)、ドクダミ科。別名が片白草。草むらに誰かが白いペンキをまいたのか?と見間違えるように、上の方の葉だけがベットリとした白色。

  • 昭和記念公園 あじさいロード(6/20)
    2020/06/26 22:22
    昭和記念公園 あじさいロード(6/20)

    梅雨入りしてから初めて晴れた週末の昭和記念公園。梅雨時期だけあって快晴というわけにはいかず、ちょっと怪しい雲も見えたりしている。このブログでは高幡不動尊のアジサイばかり紹介しているけど、昭和記念公園だってこの時期はアジサイがたくさん咲く。昭和記念公園は「あじさいロード」として案内板も掲示されている。

  • 昭和記念公園 花筏など
    2020/06/22 23:01
    昭和記念公園 花筏など

    再開した昭和記念公園の続き。今回は花菖蒲田やコマチソウ、ブーケガーデン以外で見かけたいろいろな花。まずはハナイカダ(花筏)、ミズキ科。これはもう花が終わって実になった状態。とにかく不思議な植物で葉の真ん中に花を咲かせて実が成る。名前がお洒落だけど、葉の真ん中で咲く花を筏に人が乗った姿に見立てた名前だそうだ。

  • 昭和記念公園 ブーケガーデンのようす
    2020/06/10 21:26
    昭和記念公園 ブーケガーデンのようす

    再開園した昭和記念公園の続き。これは、みんなの原っぱ西花畑のブーケガーデン。春の花畑はみんなの原っぱ東花畑の菜の花から始まって、次は花の丘のシャーレポピー、そしてみんなの原っぱ西花畑のブーケガーデンとつながる。今年は東花畑の菜の花の途中で臨時休園となってしまった。

  • 昭和記念公園 日本庭園近くのコマチソウ
    2020/06/07 15:25
    昭和記念公園 日本庭園近くのコマチソウ

    チューリップもシャーレポピーも終わってしまったこの時期、花菖蒲とアジサイに並んで見所なのは、日本庭園近くのコマチソウ。コマチソウは斜面で咲いている、背景に見える竹やぶが日本庭園。コマチソウ(小町草)、ナデシコ科。別名のムシトリナデシコ(虫取撫子)の方が名前が通るかもしれない。

  • 昭和記念公園 祝!再開園 菖蒲田の花菖蒲
    2020/06/06 18:37
    昭和記念公園 祝!再開園 菖蒲田の花菖蒲

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため3月28日から臨時休園していた昭和記念公園が6月1日から再開園した。最後に昭和記念公園に行ったのは3月21日だったから、約2か月以上ぶりの立川口カナールと大噴水。昭和記念公園に行き始めたばかりの頃は2か月に1度ぐらいだったけど、最近は月に2,3回は通っていたので、久しぶりに訪れる感覚を楽しみながら歩いた。

  • 散歩道の花たち(4月)
    2020/04/27 19:25
    散歩道の花たち(4月)

    外出自粛で近所の散歩しかしていないけど散歩していて団地の花壇でみつけた花たち。今年はコロナウイルス感染症対策のため昭和記念公園が臨時休園中だけど、今頃はこんな感じでネモフィラが咲いているはず。これは2016年4月に行った時の写真。富士芝桜まつりはまさに富士山と芝桜の共演。

  • 昭和記念公園 原種系チューリップと花たち(03/21)
    2020/04/09 22:07
    昭和記念公園 原種系チューリップと花たち(03/21)

    新型コロナウイルス感染症対策のため3月28日から臨時休園している昭和記念公園。これは休園になる前の3連休の様子。菜の花畑、枝垂桜、モクレンに続いて今回は、こどもの森の原種系チューリップなど。原種系チューリップは、普通に見かける品種改良されたチューリップと違って、野生種に近いチューリップのこと。原種系チューリップにもいくつか品種があるようだけどそこまではわからない。

  • 昭和記念公園 木蓮とチューリップ(03/21)
    2020/04/05 14:46
    昭和記念公園 木蓮とチューリップ(03/21)

    新型コロナウイルス感染症対策のため3月28日から臨時休園している昭和記念公園。これは休園になる前の3連休の様子。菜の花畑と枝垂桜に続いて今回はモクレン(木蓮)、モクレン科の花。春の花には珍しい赤紫色というか濃いピンク色の花。しかもかなり大きくて目立つ。

  • 昭和記念公園 2本の枝垂桜(03/21)
    2020/03/31 22:15
    昭和記念公園 2本の枝垂桜(03/21)

    3月の3連休の中日、花の丘北側の菜の花畑の続き。菜の花畑からこもれびの池の方向を見ると2本の枝垂桜が見えた。 まず手前の花がたくさん咲いている方の枝垂桜が下写真。龍神雷神のような勇ましさを感じる枝ぶり。花は丸く集まって咲いている。もう1本の枝垂桜は少し離れたところ。こちらの枝垂桜はまだ3~4分咲き程度ということもあって、枝がすごく見える。

  • 昭和記念公園 2つの菜の花畑(03/21)
    2020/03/29 13:01
    昭和記念公園 2つの菜の花畑(03/21)

    3連休中日の昭和記念公園、今年は菜の花畑が2ヵ所ある。まずは、毎年菜の花畑になる、みんなの原っぱ東花畑。例年、一面が黄色一色に埋まる菜の花畑になるんだけど、今年はなんだか違う。

  • 昭和記念公園 こもれびの丘のカタクリ(03/21)
    2020/03/24 22:58
    昭和記念公園 こもれびの丘のカタクリ(03/21)

    暖かく良い天気になった3連休中日、昭和記念公園は春の花の見所が一杯で半日歩き回った。この日は残堀川沿いの桜、花の丘北側の菜の花、こどもの森のヒヤシンスなどを目指して歩いたけど、一番見たかったのが、このこもれびの丘のカタクリ。カタクリ(片栗)、ユリ科。これまで紹介した福寿草、節分草と同じ、春先にいち早く花を咲かせたあとに葉が出て、夏が過ぎた頃には地上から姿を消して地下部分だけで過ごすスプリング・エフェメラル(春の妖精)。

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用