TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

築地・月島・門前仲町情報 注目記事

NEW POST help
  • 1位

    20210730帛紗捌き

    器物を清めるために帛紗をたたみ直すことを「帛紗を捌く」といいます。「帛紗捌き」を習うと茶道をしている~と実感します。むか~し、少しだけお茶を習いましたという方も帛紗を手に取ると自然に帛紗捌きができます。身に沁みこんでいるのですね。腰につけた帛紗を左手でとります。女性は下から1/3ほどを内側に折り、持ち直して上へ引き抜きます。男性は下に引出してから1/3ほどを内側に折り下へ引き抜きます。右手で上の▽の右角を持ち左手で折りを整えて▽の左角を持ち角から3・4㎝のところを持ち横にする。親指と人差指で持ち、他の3本指は軽く丸く添える。(全体は大木を抱えた構えから先が少し下がる)右手の3本指を帛紗の前にまわす。右腕は水平に上し、左手は左膝頭で縦にする。(左手は小さな前へならえ)左人差指を離し、親指が帛紗の中ほど(より少し上...20210730帛紗捌き

    sofo妙淑庵

    茶道稽古場「妙淑庵」お茶ごっこしましょ

  • 2位

    20210729帛紗を腰につける

    帛紗は長方形の布を二つに折、3辺を縫いますから1辺が輪になっています。縫い目のない辺(ワサ)を右(手前)に扱います。八つ折にして縫い目のなしが外に向くように懐へ入れます。右手で親指を外に下から持って取り出し、左手の上に置く。左の下を持ち広げる。右上の角を持ちあげる。ワサは右親指と人差指で持たれている左手をはなすと、帛紗は自然に三角になる。左手を三角の折れ線に沿わせて上から下へ角から3・4cmのところを持ち横にする。ワサは右親指から斜め下にある向うへ二つに折、左手で両角を持ち、右手を上から下へすべらせて、4辺を揃える。左手を外に開くようにまわして、左腰の帯につける。女性は帯の上から1/3程はさみ下が水平になるようにする。男性は帯の下から2/3程挟む。肝心な所の写真がありません。後日バージョンアップします。と201...20210729帛紗を腰につける

    sofo妙淑庵

    茶道稽古場「妙淑庵」お茶ごっこしましょ

  • 3位

    20210728帛紗を懐へ

    帛紗は長方形の布を二つに折り、3辺を縫いますから、1辺が輪になっています。縫い目のない辺を「ワサ」と言います。ワサを右に扱います。八つ折にして縫い目のなしが外に向くように懐へ入れます。両手で向うへ二つ折りにし左親指を右親指のところへ持ちかえ右手が右へ逃げて横長にします。ワサが前の上辺にきます。再び向うへ二つ折り左親指を右親指のところへ持ちかえ右手が右へ逃げる。四つ折りで、ワサは左縦にきます。再び向うへ二つに折り八つ折りになります。左親指を右親指のところへ持ちかえ横にして右手で下から持つと、ワサは上辺にきます。親指外側で懐へ。ワサが外に向くように懐へ入れます。にほんブログ村一人で写真撮るのは大変です。自粛開けたら、手モデルさんになって下さい。>お弟子さんへD/temae/帛紗捌blg/非公開tmp20210728帛紗を懐へ

    sofo妙淑庵

    茶道稽古場「妙淑庵」お茶ごっこしましょ

「地域生活(街) 東京ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)